大野市 日産 ノート 左フロントドア キズ・ヘコミ修理 福井県大野市 ウスイモータース

画像

  • HOME
  • 板金塗装
  • 日産 ノート 左フロントドア キズ・ヘコミ修理 福井県大野市

日産 ノート 左フロントドア キズ・ヘコミ修理 福井県大野市

 損傷箇所のご紹介です。

今回の修理事例は、日産 ノート(e-POWER)です。
メーカー系ディーラー様より修理のご依頼を承りました。
外板の損傷箇所は左フロントドア・左リヤドア・左サイドシルパネル(ステップ)の3パネルです。
内板骨格のセンターピラーにも損傷が発生しています。

【依頼の内容】
1.フロントドアの損傷が、かなり大きいので今回はドアを新品に交換する。
2.リヤドアとサイドシルパネル(ステップ)は修理(板金塗装)で対応する。
3.センターピラーも修理で対応する。

【修理期間の目安】
1週間~10日間

【修理金額について】
今回の修理は自動車保険にて対応させて頂きました。

 修理内容をご紹介します。

1.フロントドアの新品(未塗装)を取り付けてリヤドアとの高さ等を確認します。
2.センターピラー(内板骨格)を修正しドアの高さを正規の位置に修正します。
3.リヤドアの赤枠部分を板金します。
4.サイドシルパネル(ステップ)の赤枠部分を板金します。

 板金修理方法の一部を紹介します。

この画像はリヤドアの板金を実施しています。
修理用の道具をドアに電気溶接しドアのヘコミ部分を引っ張ります。
裏側からヘコミ部分を押したりする場合もありますが、最近のクルマは裏側から叩けない構造の
車両が多い為、表の塗装を剥がし引っ張る手法を用いる事が多くなりました。

 塗装前の下地を作っています。

板金したドアは鉄板部分がむき出しになっていますので表面をパテで滑らかに成型します。
パテ成型後にサーフェーサー(液状のパテ)を専用のガンで吹き付けます。
このような作業を実施し塗装前の下地を作ります。

 新品のドアは未塗装です。

新品のドアは色が塗装されていません。
そこでドアの内側・外側をボディー色に塗装する必要があります。
内側はドア単体を塗装ブースの中で先に塗装します。
内側を塗装したドアを車両に取り付けてから外側を塗装します。
ドアだけを塗装すると隣接するパネルとの色の堺目や違和感が出てしまうので、
ドアを車両に取り付けてから塗装します。
塗装に邪魔になる部品は取り外す必要があります。
ドアミラーやドアハンドル、エンブレム等を取り外します。

 塗装の範囲

フロントドアを中心にその隣接するパネルを塗装します。
今回の修理では、フロントフェンダー・フロントドア・リヤドア・サイドシルパネル(ステップ)
を塗装しました。
塗装した表面が乾いたら、焼き付けを実施します。赤外線ヒーター等で焼きを入れます。

 交換部品はコレです。

フロントドアとエンブレムやサッシテープを新品に交換しました。

 仕上がり状態を確認

塗装面の磨き作業が終わったら部品の組付けをして完成です。
綺麗に仕上がりました。依頼主(メーカー系ディーラーの工場長)と修理箇所を隅々まで確認します。
塗装のムラや色の具合、異物やゴミの付着が無いか専用のライトを照射しながら確認します。
作業後の完成検査をしっかりと実施し、ユーザー様(お客様)にお返しさせて頂きました。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0779-66-4284
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!